山屋再開

還暦を向かえて「そこに山がある」ことに気付く

一度は訪れたい雪の上高地に行ってきました

週末、雪に覆われた静寂の上高地を楽しんできました。関西からは距離がありますので、午後9時に集合し高速を飛ばして、沢渡駐車場に午前3時に着き、夜明けまでテントを張り仮眠を2時間ばかりとりました。

調べると”冬の上高地”を楽しむのは日帰りか、小梨平でのテント泊が基本のようです。今回は、徳澤まで足を延ばし”スノーシューorわかん”で、”おしゃれな上高地”を楽しもうという試みです。

朝起きて、ここに足湯があるとこが分かり、早速、テントで冷えた身体をほぐしてもらいました(笑)。トイレも暖房が入っていて、いろいろと有難いです。

上高地に入る釜トンネル内は、ヘッドライトがいりますが、アイゼンは使いませんでした。しかし、上高地に入ると、路面は凍結しているので”軽アイゼン”は必携です。

夏の喧騒が嘘のように行き交うハイカーも多くありません。

雪を頂いた穂高が現れるとウキウキしますね。青い空と白い雪はコントラストがハッキリとしてて綺麗です。

風がないと逆さ明神が湖面に写るのでしょうが。

上高地バスターミナルも一面の雪景色です。

穂高とは反対側に目を向けると白い焼岳を望むことができます。

小春日和のような快晴に恵まれたので、まったりと山に魅入ります。

河童橋から奥は、スノーシューを履きました。小梨平を経由して明神館までは、左手に明神岳に岩稜が左手に見て取れます。

ここから先に行く人は少ないです。今回はテントを担いで徳澤まで行きます。

徳澤手前で風の強い箇所があり、きれいな雪紋が観れました。

テント場に到着しました。夏は綺麗な緑の草原ですが、冬は雪の平原です。テントは他に1張あるだけで、貸し切り状態です。

f:id:ohdebara:20170305064155j:plain

徳澤の夜は、星空が綺麗でした。そして、明神岳のモルゲンロート、これはテント泊したものの特権です。

(点描)

「雪の上高地の知らずして、日本の冬を語れない」と言ってました。原風景かどうかは分かりませんが、一度は訪れたい”絶景スポット”です。