山ヤ再開

山ヤ再開

還暦を向かえて「そこに山がある」ことに気付く

雪を求めて高島トレイル 赤坂山

2月になってやっとスキー場がオープンしたマキノスキー場がある湖西線マキノ駅に降り立った。目的はスキーではなく赤坂山スノーハイキング。実はこの山名を知らなくて、所属会の例会に申し込んでの参加です。雪山ハイキング講座の一環です。
天気予報では午前中降雪、午後からは晴れ間が期待できそうだ。
日時:2020年2月9日(日)
天候:曇り時々雪
メンバー:13名

駅前には何もない!コミュニティーバスのロータリーがあるだけ。30分待って、登山口のあるマキノ高原さらさ温泉停留所に。

ファミリー向けのマキノスキー場があり、家族連れで賑わっていた。

気温が高いせいで雪質はあまり良くない。今日一日でスキー場は閉鎖かもしれない。

林道の雪は湿り気が多く、登山道は泥濘みです。

しかし、天候が悪いのと降雪も降り続き高度を上げていくと。樹々に雪が付いている。

例年、雪の中にあるはずの東屋もご覧の通り。

標高を上げていくとガスと降雪が強くなってきた。

送電線の鉄塔が目立つ。この線は日本海側、すなわち敦賀原発からの電力提供だろう。メンバーに専門家がいて、何でも冠雪で電線がショートするので並列に線を張っているなど豆知識をいろいろと伺った。

そして、赤坂山は高島トレイルの一部です。”くりからとうげ”ではなく”あわがらとうげ”。倶利伽羅峠はここではない。

高島トレイルというのは何時か歩いてみたいロングトレイル

調べるとヒル、マダニがいて、テント場、水場がない!なかなか計画しにくいようです。

takashima-trail.jp

岩をくりぬいてお地蔵さんがいました。

もうすこして頂上です。なだらかで、ここはスノーシューで登れる山です。

四等三角点 点名:赤坂山 標高:823.55m 

 鉄塔の向こうは日本海敦賀です。

f:id:ohdebara:20200209215615p:plain

赤坂山