山屋再開

還暦を向かえて「そこに山がある」ことに気付く

摩耶東谷を覗き、山寺尾根から新穂高を廻るレアコースを行く

昨夜の雨を心配しながら、本日(5月6日)摩耶東谷直登ルートをトライしました。山と高原地図には載っていないルートです。結果は途中で断念し山寺尾根に逃げ、その足で「新穂高(648m)」に登りました。この山、六甲山の穂高湖の近くにあります。以前、「シェール槍(643m)」に登ったことがありますので、一度は訪れたいと願っていたところです。

f:id:ohdebara:20160507100350j:plain

東谷直登ルートはこの後、ルートファンディングに不安があり、リーダー判断で撤退。

f:id:ohdebara:20160507111004j:plain

山寺尾根は急登ですが、1時間程で摩耶山へアプローチできます。

f:id:ohdebara:20160507105012j:plain

途中、廃墟、心霊スポットで有名な”摩耶観光ホテル”を眺めます。

f:id:ohdebara:20160507111607j:plain

東谷はやはり「通行止め」

f:id:ohdebara:20160507120616j:plain

摩耶山で昼食後、いつもの桜谷西尾根を徳川道の出会いまで下ります。この道は、野草やモリアオガエルを観察でき六甲の中ではお勧めルートです。

f:id:ohdebara:20160507124922j:plain

さて、徳川道の途中から「新穂高」への取付きを登ります。一般ルートではありませんので見落としてしまいそうですが、踏み跡はしっかりとしています。

f:id:ohdebara:20160507132438j:plain

訪れるハイカーはなく、静かなレアーポイントです。

f:id:ohdebara:20160507141340j:plain

帰路は杣谷峠からカスケードバレーを下りました。途中、以前とは違う”面白い゛モノを発見。このルートはハイカーの遊び心を刺激するようです。

神戸市民にとって六甲山は身近な存在です。昔から多くの人々によって愛され、ルート開発が進んでいます。今回の山行はマイナーなコースの組み合わせで、アップダウンの多い長丁場です。しかし、新たな発見があり刺激的でした。やっぱり魅力的ですね、六甲は。

www.yamareco.com